人工知能が、
逸材を探し出す。

scoutyは、インターネット上のオープンデータからトップレベルのエンジニアの情報を自動的に取得します。 各エンジニアの公開している経歴やアウトプットから能力のスクリーニングと転職時期の予測を行い、
独自のマッチングアルゴリズムで御社に最適な候補者を探し出します。

これからは、転職顕在層だけを
ターゲットにしても
優秀なエンジニアは採用できません。

以前に比べ、優秀な人材は知人の会社で働いたり自ら起業したりすることが増えるようになり、転職市場に現れなくなりました。 その一方、企業側のエンジニアのニーズは増え続け、市場に一定数しかいない転職活動している人を数多の企業がターゲットにした結果、既存の転職市場はレッドオーシャン化しました。
優秀な人材の持続的な採用のため、転職潜在層の採用へシフトする時が来ました。

scoutyの仕組み

履歴書からオープンデータへ。
人力検索からマッチングへ。

この人工知能とオープンデータの時代、人々がネット上に公開しているアウトプットを利用すれば、最初から実力のあるトップ人材をフィルタリングできるのではないでしょうか。 さらに、私たちは溜まった実採用データを機械学習と組み合わせることで、紹介以前の段階からその会社に合う人を選別することが可能になると考えました。
scoutyは、手動で検索して大量の履歴書を見るまでもなく、データに基づいたマッチングを行って、
自社のカルチャーや要件に合う人材を探し出します。

scoutyの特長

scoutyは、御社に最適転職可能性の高い人材を
データの海から探し出します。

scoutyの定性マッチングは、
結果だけではなく理由も教えてくれます。

scoutyは、候補者情報だけでなく、あなたの会社の情報もネット上のオープンデータから取得します。 そのような情報と過去の成約データを使った独自のマッチングアルゴリズムで、あなたの会社のカルチャー・要件に最適な候補者を探し出します。
また、なぜその候補者がマッチしたのかという理由も表示されます。

候補者の転職時期を予測して、
最適なタイミングで気づきを与えます。

転職潜在層は、積極的な転職意志がないためアプローチが難しいのが特徴です。 scoutyは、機械学習や自然言語処理といった人工知能技術によりその人が転職しそうな時期を予測し、そのタイミングでスカウトメールを送ることができます。

アウトプットからの
独自のスコアリングで、
面倒なスクリーニングはもう不要。

scoutyは、候補者の書いたコードなどのネット上のアウトプットや経歴から、技術力・ビジネス力・ネット上の影響力などをスコアリングしています。 このスコアでフィルタリングを行なうことで、レベルの高い候補者を一瞬でスクリーニングできます。

成功事例

scoutyを利用する企業に、
優秀なエンジニアが続々と流れ込んでいます。

freee株式会社 / 人事 採用担当
栗林 由季 様
運用開始からわずか3ヶ月でWindowsアプリエンジニアの採用に成功しました。他チャネル経由でリーチ出来ないエンジニアの方にお会い出来るツールです。
株式会社ニューズピックス / サービス開発, 採用担当
戸辺 淳一郎 様
転職潜在層にアプローチできるため、他の採用チャネルでは出会えない人と面談できますね。潜在層とはいえマッチング精度が高いところが嬉しいです。
株式会社ギフティ / 代表取締役
太田 睦 様
圧倒的なスピード感で、導入開始2週間で7人のエンジニアの方とお会いすることが出来ました。 直接丁寧にメールを書くことで、高い返信率・面談率を記録しています。
候補者選定はAIに任せて、
人事は面談とクロージングに集中しましょう。
他媒体では会えないような逸材を、scoutyがあなたに代わって探し出します。
料金、運用形態などの詳細情報は、資料をダウンロードしてご覧ください。